もう一度がんばるブログ

いい年の紳士(自称)ですが一度あきらめたブログをもう一度がんばっていきたいです(目標)

Apple Watch Series 5 の電池をもたせるための3つの設定

Apple Watch Series 5 を買ったけど、電池の消費が早いとお思いの方・電池を長持ちさせたい方・設定済みだけど見直しておこうと思っている方のお役に立てればうれしいです。

 

昨日 Apple Watch Series5 と Series 2 の比較をしてみたのですが

電池を長持ちさせるために行った(多分)重要な3つの設定を

くわしく書ききれなかったので、こちらに残そうと思います。

画面のスリープまでの時間を変更

スリープ状態でも普通に時間を見ることができるので

画面スリープの時間を70秒→15秒に変更します。(常時表示ディスプレイは便利)

 

f:id:device01:20191107224954p:plain

iPhoneWatchアプリを起動して

f:id:device01:20191107225013p:plain

一般 → 画面をスリープ解除 → 15秒間スリープ解除

を順番にタップして設定完了となります。

 

使わない通知+設定を停止

個人差が大きなところですが

通知はメールとチャットアプリ(LINEなど) が届けばOK!という方は

通知を停止できるアプリは多いと思います。

  • 運動系(アクティビティ、呼吸、ワークアウト、ヘルスケア)
  • その他(トランシーバー、カレンダー) etc etc..

f:id:device01:20191107225042p:plain

停止したいアプリ(図はカレンダーの場合) → 通知をオフ

を順番にタップして設定完了となります。

 

また、画面の明るさは間違いなく消費電力に直結するので

気にならない方は下げるのがベターでしょうか。

f:id:device01:20191107225148p:plain

Watch アプリの 画面表示と明るさ をタップ →

明るさ を好みの位置にスワイプして設定完了となります。

(常にオン = 常時表示ディスプレイは個人的にオフにできない..)

 

プライバシー項目はアクティビティに関連するプライバシー

設定になっているようです。Apple Watch を運動用として

使用しない場合はオフにして問題ないと思います。

f:id:device01:20191107225218p:plain

Watch アプリの プライバシー をタップ →

心拍数フィットネス・トラッキングをオフにして

設定完了となります。

(心臓アプリがオフになったことを確認しましたが使用しないので気にしない)

 

バックグラウンドで動いているアプリ(Podcastなど)を終了

Apple Watch上で無駄に動いているアプリを確認して

不要なら終了しておきます。

わたしの環境ではなぜか Podcast がバックグラウンドで

待機しており (Series2でも使ったことがないのですが..) 余計な電池を

消耗しているようだったので迷わず終了しました。

f:id:device01:20191107233406p:plain

Apple Watch 本体のサイドボタンを1回押す →

Apple Watch上で動いているアプリが表示されるので

不要なアプリがあれば右から左にスワイプ→

アプリの右側から ✖ が表示されるのでタップして終了

 

[Apple Watch の電池はもたないのか?]

個人差という魔法の言葉をつかわない場合、

Apple Watch のアプリを動かす時間が 長い or 短い

考えるといいんじゃないでしょうか。

アプリをほとんど使わない場合、だいたい2日はもちますが

ヘビーにアプリを使う場合、そのぶん期間が短くなるはずです。

(公式発表の18時間を下回るのことはないと思いますが (;'∀')

 

ヘビーに使いたい + Suicaが無くても気にならなければ

さらに電池がもつ、他社のスマートウォッチも

検討対象になるかと思います。