もう一度がんばるブログ

いい年の紳士(自称)ですが一度あきらめたブログをもう一度がんばっていきたいです(目標)

郵便局のキャッシュレス決済導入で思い出す「ゆうちょPay」の今

郵便局のキャッシュレス決済は便利だと思うけど・・

そもそも「ゆうちょPay」って今どうなんだろうか?

f:id:device01:20191026182045p:plain

 

2019年10月25日、郵便局(日本郵政株式会社)のキャッシュレス決済導入について

決済種類や導入局が発表されました。

 公式の発表↓

https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2019/00_honsha/1025_01_01.pdf

https://www.post.japanpost.jp/life/cashless/index.html

 

導入は2020年2月3日(予定)とのことで

実際にキャッシュレス決済ができるのはもう少し先になりますが

基本的に選択肢が増えるのは利用者にとってはいい事だと思います。

 

最初ニュースリリースのタイトルを見たときは

ゆうちょPay と +何か くらいしか使えないんだろうな」と

思いましたが、意外にも 全部で21種類の決済方法*1 に対応するようで

予想以上にがんばってる!といい意味でおどろきました。

 

もちろん郵便局なので「ゆうちょPay」には対応しているのですが

このニュースを見るまで「ゆうちょPay」の存在を忘れていた(失礼)ので

簡単に今の環境を調べてみました。

 

そもそも「ゆうちょPay」とは

2019年5月8日に ゆうちょ銀行 がサービスを開始した若いサービスになります。

ゆうちょ口座から直接支払いができるので

クレジットカードの登録や、残高チャージが不要という点がポイントになりますが

使える店舗が少なく、キャンペーンがうすいといったマイナス面もあり

話題性に欠き、数あるコード決済の一つとして特別に注目されませんでした。

 

今の「ゆうちょPay」の普及率は・・

「ゆうちょPay」が使えるお店は公式ページ↓から確認できます

https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/yuchopay/kj_sk_yp_shop.html

 使えるお店は、サービス開始当初よりは増えていますが

「PayPay」「楽天Pay」「LINE Pay」といった有名なコード決済と比べると

明らかに使用できるお店が少なく、相変わらずキャンペーンがうすい状況は

変わっていないようです。

 

f:id:device01:20191026182153p:plain

 各サービスの普及率はAndroidアプリのダウンロード数からも何となく

 イメージできると思います。(2019年10月時点)

 

郵便局の窓口のキャッシュレス決済導入はたしかに便利で、

決済方法が豊富なのはさらに良い!ことなのですが

豊富になった要因が ゆうちょPay があまり普及しなかったから だったら

素直によろこんでいいのか、少しだけ複雑な気持ちになりました・・

 

 

*1:クレカ 6種、電子マネー 4種、スマホ決済 11種